カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語学習の参考コラム > 海外旅行でうまく英語を話す

海外旅行の時に英語がうまく通じず悔しい思いをしたことはありませんか。実はちょっとしたコツで旅行英会話が出来るんです。

第一に最低限の英語知識があること。旅行英語で使う英語は簡単なものですが
トレーニングを積んでいることは前提です。(あくまでざっくり)100時間ぐらいの旅行英会話のトレーニングが必要だと思います。

旅行英会話のコツは、相手に向かって
「あせらず大きな声で」ゆっくりと話すこと。「当たり前のことを・・・」と思うかもしれませんが、英語に慣れていない日本人は小声で早口で話すことが通常です。決してうまくない英語を早口で話されたら、まず相手は聞き取れません。その場合、相手は「なんて言ったの?」と聞き返してきますが、小声かつ早口で話していることが原因だと多くの人が気付かずにいるため、別の言い方をしようとして・・・結果通じない。

片言の英語でも通じます。但し声が小さい早口で話すのは論外です。日本語でもそうですよね?聞く側の立場に立って考えれば、ゆっくり、大きな声で話すのが大事なのは一目瞭然のはず。英語もコミュニケーションですから聞きやすい声で話すのが当然。「
頭で分かっているけど出来ていない」英会話の重要なポイントです。

さらに、ゆっくり話すことで相手も同じスピードで返事してくれる可能性が高くなります。あなたの「ゆっくり大きな声で」話す言葉には「ゆっくり返してください」という意志のキャッチボールが込められることになるはずです。

ハワイやグアムなどの日本人が多い観光地は、英語が通じやすい地域です。日本人の英語に慣れている、また相手もゆっくり話してくれるからです。
一方、アメリカ本土やイギリス、オーストラリアなどは現地で話す英語のスピード。遠慮なしのスピードで話してくることもしばしば。そんなときは「ゆっくり大きな声」を意識づけて話しましょう。相手も「はっ」と気づいて、ゆっくり、且つわかりやすく返事してくれるはずです。それはあなたが会話のペースを作るきっかけとなります。そうすれば、意思疎通が図りやすいはずです。

自分の意思が通じる海外旅行は
楽しさ数倍。基礎学習さえきっちりすれば必ず意思疎通が出来ますあとはゆっくり落ち着いて話すだけです。

興味がある方は以下のおすすめ旅行英語の教材を使ってみて下さい。

絵でシーンを見て英語で答える練習を繰り返す教材です。旅行英会話の学習教材として効果が高い学習です。
アルクという最大手の教材メーカーが提供しています。価格は約3万円。

⇒英会話コエダスの詳細情報等、お申し込みはこちらから



英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較