カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語学習の参考コラム > 英語はツールでありコミュニケーションだ!

「英語はツールだから」
特にビジネスマンにこの発言が多いように思います。そういった発言に私はさみしさを覚えずにはいられません。
英語はツールというのは正しい表現だと思います。でも、さらに感情を加えることが出来るのが英語です。英語はツールではなくコミュニケーションと表現したい。。。

英語は感情も表わせますし、相手の気持ちを揺さぶることが出来ます。それらの感情を無視してツールという表現はするべきではないと思います。

英語をツールと言う人からは「
英語は日本語を変換して伝えるための道具」と捉えている印象を受けます。

皆さんは日本語をツールと表現しますか?日本語はあなたの気持ちや思いを伝える言語ですよね?英語も同じであるべき。「ツール」と表現をした時点で、「日本語訳の英語」を抜け出せずになりそう。英検やTOEICで高得点が必要になる「英語直訳」への壁を作ることになると感じます。

湧き上がる感情を英語で表現してみませんか。喜怒哀楽は万国共通。時には喜びや怒りの表現もあなたの英語の幅を広げるのではないでしょうか。
特に人脈という観点では喜怒哀楽のない人に良い人脈が構築できるとは思えません。

ビジネスの世界で考えても「ツール」と捉えると十分ではありません。ビジネスに感情は持ち込まないですか?時には喜びや怒りがチームの結束を強めますし、
取引先にもあなたの思いを伝える場面はないですか。

確かにツールなのですが、その表現だけでは寂しいと思います。英語はコミュニケーションのための言語。そのように捉えていたものですね。

英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較