カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語学習の参考コラム > 高校英語でつまづきませんでしたか?

 中学までは英語がわかっていたのに・・・そんな人は少なくないでしょう。多くの人が高校英語でつまづく原因は1つです。
中学英語は辞書があれば出来ますが、高校英語は通用しません。その違いは
文章読解が必要かどうかです。高校英語は長文が多く、相当の読解スピードが要求されます。つまり、文章が理解できないとすぐについていけなくなります。

 これらの違いを学習するのが
5文型です。高校英語の最初に学習した文法が5文型。その意味は英語の文章の成り立ちを初めに学習するためです。

 英語は、 『主語(S)+動詞(V)+目的語(O)』ですが、日本語は、『主語(S)+目的語(O)+動詞(V)』
日本語と英語では 主語の後の 動詞と目的語の順番が逆となっていることです。 ごく当たり前ですが『日本語と英語は違う言語』なのです。でも皆さんはその違いを意識して学習出来ていましたか。今一度高校の最初に戻って英語の文章の成り立ちを学習するのがレベルの高い英語に近づく一歩です。

 5文型の学習をはじめ様々な文法が絵やイラストを元にイメージで学習できる教材を紹介します。もう一度英語やり直しの題材としていかがでしょうか。

⇒英文法イメージトレーニングのお申し込みはこちらから

英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較