カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語学習の参考コラム > 発音記号は読めて然るべき

 皆さんは発音記号を読めますか?
今の学校では発音記号は勉強しません。発音の授業はありませんからいらないのでしょう。そもそも発音記号を教えられる先生が学校に何人いるかも疑問です。

 でも本当に英語を学習したいのなら
発音記号は読めて当たり前、英会話に発音記号は欠かせません。

 こんな逸話があります。FAXを言うにその発音記号は
" fa?ks"になります。これをカタカナ英語で発音するとF○CKSとまるで違う英語になります。日系企業の現地従業員は初めて聞く上司のカタカナ英語の発音に驚き、その後冗談のような発音が気になって仕事が手に付かなくなったそうです。カタカナ英語が悪いわけではありません。
ただ、英語発音のルールをしることは学習する上で大きなアドバンテージになります。

 各発音記号にはそれぞれ音の出し方があります。口の形と舌の形を変えて発音を行います。当然日本語も一定の口の形に従って発音しているのです。
皆さんはたて笛でミの音を押さえながらドの音は出ませんよね。原理は同じです。つまり、英語は各発音記号の形を覚えれば、それらしい発音にはなります。
少なくともカタカナ英語なんて言われることはありません。

 分からない単語が出てきたら発音記号を読めば発音出来るようになります。それが発音記号の特徴です。

 各発音記号と口の形、舌の形が覚えられるお薦めの教材があります。私はこの教材で随分と発音がよくなりました。
身振り手振りが全くできず、通じなかったた電話での英語が、この発音トレーニングによって劇的に変わりました。

 また、発音が出来ればその音は必ず聞き取れます。本当に発音学習はリスニング学習の起爆剤になります。私はTOEICのリスニング満点ですが、この発音トレーニングあってこその結果だと確信しています。

 少なくとも一人の英語発音を劇的に変えるきっかけとなった教材。興味があればぜひ試してみてください。

⇒英語の発音とリスニングUDA式30音トレーニングのお申し込み等詳細情報はこちらから

当サイトのUDA式30音トレーニングの詳しい情報はこちらから


英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較