英語・英会話教材比較
カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > よく頂く質問とその回答 > 英語を勉強する意味って?
 
 
英語を勉強する意味って何ですか?

特に学生の方から多くの質問を頂きます。
『私は日本から出ないから英語を勉強する意味がない。』『勉強したって話せるようにならない。』『中国語を勉強するべき。』等々の意見が多く、返信に苦慮します。

<日本から出ないから英語を勉強しても仕方ない>

日本語を話す人口は約2億人です。2億人も居れば日本語だけで生活に困ることはまずありません。また、一生に数回しかいかない海外旅行のために長い時間をかけて英語を勉強する意味はないと思います。

日本だけで生きていくと決めている人には英語を勉強する意味は薄いように思います。それよりも他のやりたいことに時間、お金を投資した方が良いでしょう。

ただ、学生の方に対しては、「日本から出ない」と決めるのはまだ早いと回答します。

英語を話す人口は約10億人。これは日本語の約5倍になります。日本が劣っているわけではないと思いますが、エンターテイメント、ビジネス、日常生活において、英語が使えれば、より幅の広い世界に触れることが出来るのは間違いありません。

学生の時はこれからの自分の考え方を確立させるときです。また、学生の時の考え方は大人になるにつれて変わって当然だと思います。
英語を勉強することはあなたの可能性を大きく広げることになるのに、「日本から出ない」と決めつけるのは時期尚早だと思います。

また、「やりたいこと」を探すのが学生の目標だとするなら、おそらく、その「やりたいこと」に英語は関連してきます。英語を話す人口は日本語よりも多く、すでに外国ではその「やりたいこと」が先に浸透しているはずです。
さらに、他の人も同じく「自分のやりたいこと」を仕事にしようとします。そこに競争が生まれることを意識するべきです。その時に英語力があれば、大きなアドバンテージになります。

たとえ英語を勉強する意味がすぐに見出せなくても、「英語は可能性を広げるもの」そう意識して勉強するべきではないでしょうか。


<勉強したって話せるようにならない>

勉強すれば話せるようになります。
ただし、中学・高校の勉強では話せるようになりません。理由は2つ。

@リーディング、リスニング主体の学習であり、「話す」学習に適していません。
A絶対的に勉強時間が足りません。

中学・高校で英語を学習する総時間は約500時間。(個人的な感覚も含めますが)あと10倍ぐらい勉強しないと話せるようにならないと思います。
毎日英語で生活して1年間で約3000時間。500時間では全く足りないと思います。

小学生1年生と6年生では話す日本語のレベルが全然違うと思います。毎日、日本語で生活しているわけですから約2万時間の日本語勉強時間であるとも言えます。

英語の学習は本当に長い道のり、中学・高校の学習では初めの一歩を踏み出した程度。そう認識するべきだと思います。

<中国語を勉強した方がよい>

個人の考え方だと思います。中国語を勉強する価値も非常に高いと感じます。
ただ、日本では外国語学習と言えば「英語」となっているのが実態です。

英語の方が良いと答えることは難しいように思いますが、考え方を変えれば、センター試験や論文(論文の国際スタンダード言語は英語)等の国際優位性を考えれば英語の勉強だと思います。

<英語を学習するには>
中学・高校の学習時間は約500時間です。この英語学習の短さを克服できる教材もあります。
CDでのリスニングを主体とした人気の英語教材、「1000時間ヒアリングマラソン」です。1日3時間の学習で1年間で約1000時間の学習を目指します。
このサイトでも詳しく紹介していますので興味のある方は見てみて下さい。


⇒1000時間ヒアリングマラソンの公式ページはこちらから

⇒このサイトの1000時間ヒアリングマラソンの詳しい情報をもっと見る

英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較