カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語教材選びの参考 > TOEIC900点に到達できる方法 

 TOEICの得点配分は
リスニングが半分とその比率が高いのが特徴です。だからTOEIC900点を超えるためにはこのリスニングで高得点を取るのが絶対条件。
リスニングはスコアが伸ばしにくい分野と言われていますが、私はそうは思いません。リスニング力UPに 英語を繰り返し聞くだけではなく 発音トレーニングを行うことがリスニング力UPの鍵を握っていると思います。

 実際に私も発音のトレーニングを始めて、リスニングのスコアが急激に伸びました。(さらに、英語に触れる世界が変わります。例えるなら『映画が聞き取れるレベル』になります)発音を向上させてリスニングを得意分野に変えること。それが
TOEIC900点超えのコツだと思います

 ではなぜリスニングに発音なのか?

それは、自分が発音できればその音は聞き取れるからです。しかしながら、日本人は英語の発音が非常に苦手です。
なぜなら 日本人は発音が @口の形 A舌の形 B息の吐き出し方 の3つで構成されていることを教えられていないからです。

 私は声を大にして言いたい!
『英語の発音』はある程度のレベルまで誰でも到達することが出来ます!

 英語の発音は 日本語にない 口・舌の形・息の吐き出し方をする必要があります。例えば、 縦笛で、『ド』を押さえながら『ミ』の音を出そうとしても出ませんよね。日本語には日本語、英語には英語に適した口・舌の形があるのです。しっかりとした英語の口・舌の形を覚えれば発音は或る程度まで必ず上達します。

 さらに発音できれば
英語が聞き取れるという相乗効果が生まれます。発音を身につけて別世界のリスニングを自分のものにすることが、
リスニングレベルアップ、またTOEIC900点の近道だと思います。

 リスニングの世界を変えるきっかけとなり得る教材を紹介します。 口の形、舌の形、息の吐き出し方が学べる教材です。

⇒英語の発音とリスニングUDA式30音トレーニングのお申し込み等詳しい情報はこちらから

当サイトのUDA式30音トレーニングの情報をもっと見る

英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較