カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語教材選びの参考 > TOEIC500点を目指すあなたに

 私は、現在TOEICがどんな点数でも3ヶ月あれば500点までのスコアアップは簡単だと思います。その理由の一つはリーディングの法則にあります。
※PART5とPART6の法則です。

 TOEICにはよく出る文法問題があるのです。それらがリーディングの鉄則です。
そして鉄則を覚えれば点数を上げるのは簡単。これらの問題を徹底的に覚えればいいのです。

じゃあどんな鉄則があるの?

 例えば、皆さんは母音(a,i,u,e,o)で始まる単語の前につく 冠詞(a,the)は 
a → an になることはご存知でしょう。この冠詞に気をつけてTOEICテストに望めば リーディング1問正解(+5点)ゲットです。なぜならTOEICでは、 ほぼ毎回 冠詞の問題が出題されるからです。

 また、He、She,Itの次に来る動詞に付く 
三人称単数のs もほぼ毎回出題です(+5点)
このようにTOEICリーディングでは、出題率の高い文法問題があります。
言い換えれば、多くの
『知っていれば解ける』問題があります。
簡単ですよね。だけど『他の文法問題に惑わされて気づかない』なんてこと結構多いんです。

これらのTOEICリーディングで頻繁に出題される鉄則を徹底的に身につけることが
500点突破の王道です。

文法問題で『鉄則といわれる問題』が20問出れば100点UPです。
※TOEICでは1問=5点

3ヶ月あれば十分です。そこで徹底的にTOEICの鉄則を学習できる教材を紹介します。

⇒36の決め技を紹介! 奪取550点 TOEICテストのお申し込みはこちらから

当サイトの奪取550点TOEICテストの詳しい情報はこちらから

英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較