英語・英会話教材比較
カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語トレーニングのコツ > リスニングトレーニングの秘訣

英語を学習することにすごく大事なのは『日本語と英語の違い』を意識することだと思います。私はこの違いを意識することによって英語力が大きく伸びたように思います。

日本語と英語の 一番の違いは、 文章の構成の違い。
つまり英語は、 『主語(S)+動詞(V)+目的語(O)』ですが
日本語は、『主語(S)+目的語(O)+動詞(V)』
日本語と英語では 主語の後の 動詞と目的語の順番が逆となっていることです。

ごく当たり前のことですが『日本語と英語は違う言語』なのです。でも皆さんはその違いを明確に意識できていますか。何が違うかを意識漬け出来ていますか。
動詞が主語のすぐ後ろにくる英語は、日本人にとっては決定的なです。特にそれが顕著に現れるのが英語理解スピードです。

『日本語と英語は違う言語』です。この違った言語の変換作業を頭の中で行なえば、英語の理解スピードは大きく下がります。
日本語の感覚がしみついている私達には主語のすぐ後に動詞が来ることをはじめ英語の文章構成を意識付け出来ていないのです。

※ちょっと余談ですが、、、言語とはイメージの変換作業です。

例えば、2人の男が 日本語・英語のどちらが優秀か言い合っているとします。
(つまらない例えですがご勘弁を)




この時には 『優秀』だという頭の中のイメージ を『優秀』という言葉に置き換えて発しています。2人の男は 頭に思い浮かんだイメージ の言語変換作業を頭の中で行なっているのです。そして日本人が英語を考える場合に置き換えると、イメージ → 日本語 → 英語 の順に訳しているのです。

じゃあどうしたら理解のスピードを上げることが出来るの?

英語への直訳は訓練次第です。慣れればスピードが飛躍的に上がります。どのような訓練を行なったらいいのかというと、スピードを上げる訓練は『英語で考える癖』をつけること。そして癖をつけるのに1番効果のある訓練方法はライティングです。(ちなみに私はライティングの勉強として英語で日記をつけるようにしていました)ライティングの練習を取り入れることで英語で物事を考えられるようになり、英語を理解するスピードを上げることが出来るのです。

ライティングの勉強を始めると最初は イメージ → 日本語 → 英語 変換になるのが当然です。しかし、繰り返し行なえば、簡単な表現からだんだんとイメージ → 英語 の直訳ができるようになるのを実感できます。(2,3ヶ月毎日続けると実感できますよ!)そうすると日本語変換という工程を短縮できるので 抜本的にスピードがあがります。

ここではライティングのオススメ教材を紹介します。ライティング教材の難しいところは、答えが一つではないこと。つまり、
誰かに見てもらわないと合っているのか間違っているのかがわからない。だから採点してくれる教材がうれしい。オススメするのはアルクのビジネスe-mail速習パックです。3ヶ月の講座制で月に1回のテストがあり、あなたの書いた英文が採点してもらえます。学習のフィードバックがあるので、ライティングの教材としてはすごくうれしい。
また、ビジネス英語を学習できる教材です。見積もり依頼からお詫びまでビジネスシーンでのe-mailの書き方が学べます。

⇒ビジネスe-mail 速習パックのお申し込み等詳細情報はこちらから


英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較