英語・英会話教材比較
カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語トレーニングのコツ > 英語を話すトレーニングに挑戦

日本にいて一番難しい英語の勉強はSpeakingだと思います。日本で英語を話す機会って全くと言っていいほどないですよね。
でも英語を勉強する目的の一つは
英語を話せるようになることのはず。。。日本で英語を話すトレーニングはないのでしょうか。考えてみましょう。

はじめに
無料で英語を話すトレーニングから。最も有名なのは「言語交換」です。日本語を教える代わりに英語を教えてもらう言葉の交換。
例えば大学の掲示板には言語交換の募集が多くされています。大学生の方は調べてみるといいかもしれません。
さらに
オンラインには言語交換が出来るサイトがいっぱいあるのです。通常はe-mailの交換から始める文章での言語交換サイト。
また最近はWEB通話を利用した
話す言語交換サイトが登場し始めています。もちろん無料です。

そこで、人気急上昇のWEBマイクを使って言語交換ができるサイトを下に紹介します。

●サイト名:TT4U
●サイトURL:http://jpn.tt4you.com/
●使い方:無料登録をします ⇒ 母国語と学びたい言語を選んでください。 ⇒ アクセスしている世界中の人と言語交換
●必要物:WEBマイク(カメラはなくてもOKです)
●イメージ画像:


日本でも英語を話す環境は充実してきています。後はそこへ踏み出すかどうか。

次に
有料で英語を学習する方法。

日本に居ながらにして 英話を話す勉強をするためには、最善は英会話学校だと思います。ただし、注意したいのが「1回40分」の授業を週に2,3回受けたからといって絶対に話せるようになりません。十分な英語スピーキング力をつけるためには約1000時間程度の会話時間が必要だといわれているからです。

 英会話学校で1000時間の勉強が出来ますか?
費用の面から見てみましょう。(60分=4500円とすれば)1000時間のために450万円必要です。普通ではそんなにお金を払えません。だから英会話学校で話せるようになる人はほとんどいません。


ここで紹介するのは今、日本で手に入れることができる英語を話すトレーニング教材の一覧です。評価も付けていますのでご参照ください。
どれも機械での学習になるため、実践とは異なる感が否めません。これらの教材はスピーキング力を上げる土台作りと考えた方がいいかもしれません。
 

※英語を話す教材一覧
目的 対象 タイトル 評価 text CD DVD PC サンプル サポート その他
話す 初〜上 発音を100点満点で採点するソフト ★★★:今までにない発音・会話学習ソフト 卓上マイク
話す 初〜中 You Can Speak ★★:英語への変換スピードを上げる
話す 初〜中 トークルズ :効果の薄そうな教材
話す 幼児 マミートークイングリッシュ ★★:子供向けの学習玩具 マミートーク他
話す 初〜中 ドラマで覚える英会話DVD ★★:学習者向けに作られた英語ドラマ
話す 初〜中 イングリッシュキング ★★:シャドーイング(音読)教材の定番
話す 初級 英会話コエダス ★★:重要シーンでの英会話を身につける
話す 初〜中 ビジネス英会話クリダス ★★:ビジネスシーンの描写・説明を学習
話す 初〜中 リピーティングマラソン ★★:CDを使った「話す」繰り返し学習
話す 中〜上 リピーティングマラソン実践コース ★★:ビジネス/映画等、上級の「話す」学習


また、英会話学校に通いたい人に一つのアイデアですが、費用を抑える方法としてOnline英会話スクールがあります。レッスンの予約から受講までの全てをWEB上で実現したインターネット英会話スクールです。店舗を持たないため、通常の約半額の費用で英会話の授業が受けられます。教育訓練給付金講座もあるのでさらに節約も可能です。それでも費用はかかりますが、英会話学校より値段は安く済みます。

⇒オンライン英会話スクール・グローバルコミュニケーションランゲージスクールの申し込みと詳細情報

英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較