カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語トレーニングのコツ > 接頭・接尾語を覚えて単語力UP
 
 英語の単語力を底上げする簡単な方法があります。接頭・接尾語を覚えることで単語のイメージを連想する方法です。

 アルファベットを使う英語は、象形文字ではないため、ただ単語を眺めていてもその単語を知らなければ意味は伝わってこないように思えます。
 一方、日本語で使う漢字は象形文字なので、意味が分からなくてもイメージが掴めることが出来ます。 例えば漢字の部首。さんずい辺は水を表します。くさかんむりは植物であることを表します。漢字の場合は、たとえ知らなくてもその意味が示すことをイメージ出来ます。

 英語はアルファベットを使うため、イメージがつかみにくい言語。だけどその意味を想像する方法があります。それが接頭語接尾語。単語の頭、もしくは最後に注目。接頭語、接尾語は漢字の部首のようにそれだけで意味をもつことがあり、これを覚えれば簡単に単語力の底上げが出来ます。

例えば、英語では接頭語のaquaが水を表します。
だから水族館は『aqualium』です。つまり例えaqualiumを知らなくてもaquaさえ
知っていればその単語が水を表すことをイメージできるのです。
aqua lium ↑ 水

 また、英語で一番多い接頭語はcoです。
coは"共"を表します。例えば、cooperation=協力 
collaborate=共同作業など単語の意味がわからなくてもイメージができる。これが接頭・接尾語のメリットです。

 単語の意味をイメージで覚えることは、単語学習の助けになりますし、実践の場合にも意味を想像することができます。
何も知らずに勉強するより、イメージをつかんで学習すると少しお得な気がしませんか。

⇒単語をイメージで覚えるピクチャーデクショナリーのお申し込み等、詳細はこちらから

⇒英文法イメージで覚えるトレーニングのお申し込み等、詳細はこちらから

英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較