カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧


サイトナビ トップ > 英語トレーニングのコツ > 時制を意識して英会話力UP

 「あなたの話はよくわからない。。。」なんて辛辣な意見を言われたことはありませんか?そこには時制が大きく絡んでいるかもしれません。

 時制を理解することは会話にとって非常に重要。相手に物事を伝えるためには、「いつ起こったか」を伝えることがが大事だからです。
過去と現在と未来を正確に伝えることが話の流れを相手に掴ませるポイントです。

 そして日本人は英語の時制が苦手。なぜなら英語には完了形があり、完了形のイメージをつかむことが困難だから。日本語では何気なく表現している現在完了。これが英語で伝えるとなると。。。とっても難しい。だけどこの完了形を使いこなすことであなたの英会話力は大きくUPします。

 時制の範囲は現在形のから未来完了まで多岐に渡ります。まずはそれぞれの時制が表す『時間範囲』を知ること。これだけで全然違います。
基本的に完了形はある時点からある時点までの継続している時間内に起こった出来事を表します。特に過去形と現在完了の違いがあやふやな人は要注意。

図に表すと下記のようになります。

※時制の図


時制
現在形 is/am/are
過去形 was/were
未来形 will/be going to
現在完了 have/has been
過去完了 had been
未来完了 will have been


過去完了・未来完了は英会話でほぼ使いません。そのため、重要ではありませんが、現在完了はよく使われます。あなたの英会話に現在完了形を意識して使うことで
『起こった出来事』を英語で伝える精度がぐっと上がります。簡単な現在完了でOK。(日常英会話で難しい文法は必要なし)。ちょっとの意識で英会話の幅が広がりますよ。

⇒中学3年間の英文法総復習ができる教材のお申し込み等、詳細情報はこちらから


英語・英会話教材比較 トップへ戻る

All rights reserved@2009 英語・英会話教材比較