カスタム検索
トップページ | サイトマップ | 管理人紹介 | お問い合わせ | 相互リンク募集


本気の英語学習を応援。英検1級の管理人が実体験からオススメする英語・英語教材の比較サイト
興味のあるカテゴリからお選び下さい。
英語教材をテストで診断自己診断チャートで教材を選ぶ売れ筋教材から選ぶ目的から英語教材を選ぶ英語教材一覧から選ぶ
英会話教材一覧リスニング教材一覧文法・学習教材一覧発音教材一覧TOEICなど資格教材一覧



サイトナビ トップ > 英語トレーニングのコツ > 文法を理解すれば英語が変わる

 「文法」を理解している生徒に出会ったことは少ない。一時期、私が英語教師をしていた時の経験です。中学生を教えていた時、
英語学習は単語学習。私はこんな印象さえ受けました。テストの度に単語を覚えて、覚えた単語をパズルのように当てはめていく。「木(単語)を見て森(文法)を見ず」そんな諺がぴったりだと感じます。

 「文法」とは
単語が並ぶ法則です。この法則が日本語と英語で違うことに気付いていないために、多くの生徒が英語嫌いになっているのだろうと容易に推察できます。
アジアを語源とする日本語と、ヨーロッパを語源とする英語は、単語・文法(単語の並び方)が違って当然。この「文法は違って当然」と理解できておらず、英語に苦しんでいる生徒が非常に多いと思います。

 私も例外でなく、高校時代は英語の成績は2。5段階評価ではなく10段階評価の2でした。真面目に勉強していたにも関わらず・・・です。英検1級を取得できるようになった今、気づくのは過去は英語で
単語パズルを行っていたから理解できていなかったのです。

 日本語の並びと英語の並びは違う。このことを理解するだけで英語学習の効果は大きく変わります。学校では主語・動詞・目的語・補語、、と習ったことだと思います。あれこそまさに単語の並び方を理解するための分類。

 
英語は後ろから訳す。こんな人もいますが、それではTOEICや英検の試験スピードにはついていけません。ましてや英会話はなおさら不可能です。

 英語は結論を先に言う。これが日本語との最大の違いです。「誰がしたのか」、「何が起こったのか」まっさきに話をします。英語は主語のあとにすぐ動詞が来ます。
知っているかもしれませんが、本当にあなたは理解していますか。日本語の意識が抜けていない人は非常に多いと思います。(かくいう私もまだまだ抜けていないですが)

 少し意識して英語に触れてみてください。英語学習の効果は上がると思います。

ここまで読んでいただけた方はおそらく学生時代に英語に苦しまれた方(もしくは苦しんでいる方)だと思います。
もし英語をもう一度やり直したいと思っているのであれば、下記をお勧めします。16900円なので少し高いかもしれませんが、本気で英語学習をやり直す気があれば基礎づくりに役立つ教材だと思います。

⇒中学英文法3年間総復習セットの詳細情報やお申し込みはこちらから

英語・英会話教材比較トップへ戻る

All rights reserved@2009

英語・英会話教材比較